スポンサーサイト

Posted by Nanoka on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

判断基準あれこれ

Posted by Nanoka on 07.2014 囲碁サイコー 0 comments 0 trackback
何か迷った時に決断する「判断基準」は人それぞれ。
「価値観」という言葉に置き換えられるのかも知れません。

例えば、何かを買う時。
お仕事を選ぶ時。
おつきあいで悩む時。
遊びの行先を決める時。
お食事する時。
エトセトラ。

データ的・スペック的、その他諸々の客観的条件は
ほとんど変わらなくて、どちらも優劣つけがたいって時に
その人固有の判断基準が発揮されると思うんですね。

場面は無数にあって、同じ人でもその時その時で
判断基準をいくつも持っていると思うのですが
おしなべて見ると、その人によって
メインとなる判断基準はだいたい決まっていたりします。
それが価値観だったり性格だったりするのかな~。

具体的にどのような判断基準があるかと言うと
それもまあ様々なのですが。
一例をあげると。

正か誤か。
善か悪か。
美か醜か。
得か損か。
好きか嫌いか。
その他いっぱい。

長くお付き合いしていると
だいたいその人の判断基準も分かってきます。

デリケートで神経質。いつも細かいことが気になる。
玄関の靴の並べ方がほんの少しズレているだけでもイヤ。
っという高校時代の友人は「美か醜か」
なるほどね。お家もいつもキレイだったもんね。

ギャンブル好きの元上司は「リスクかリターンか」
ですよね~。分かりやすいです。
いつもハイリスクハイリターンでしたね。

可愛いものやメルヘンチックなものが大好きで
いつも夢見る少女的だった後輩は・・・即答。
「食えるか食えないか!」
ぇっ?案外リアリストだったのね。

因みに私は。
結構感情的で気持ちに左右されやすいタイプなので。
「好きか嫌いか」だと思われがちなのですが。
ちょっと違って「快か不快か」だったりします。
そこにたまに「美か醜か」や「上品か下品か」ってのが
加わることもあります。
今では随分落ち着いてきましたが
もともと感情は激しい方なので「あいつ嫌い!」とか
よく言ったりしますが実は今までの人生で
本当に積極的に嫌いな人は2人しかいません。
あとの「嫌い」は単に「不快」だっただけで
その人の全人格を否定するわけでもなく
嫌いとかいいながら普通にお付き合いできてたりします。

で。
こういうのって性格だからやっぱり囲碁にも出るのかな?
なんてことを考えてみたんだけど。
まあ「読めない人」な私に限って言うと。
さすがに「正か誤か」ってのはほとんど考えないです。
詰碁ですら考えないのがかなり大きな問題ですが。

よく分かんないけど、このへんがよさげ~。
なんとなく雰囲気~。
ここ打たれたら気分悪いな。
良くないかもしれないけどどうしても
こっち打ちたかったんだよ!
もうね。全く根拠ないっす。
でもやっぱりどこか「快か不快か」なんだと思います。
そしてもちろん負けたら悔しいのですが
それもやっぱり「快か不快か」で、勝敗よりも
負けても清々しく前向きになれるかどうかが重要です。
相手にもよるよね。みたいな。
不快になりそうなときはあらかじめ避けます。

非常に残念なのは。
「正か誤か」はもともと持ってないから仕方ないけど
「美か醜か」ってのが囲碁の時に出てこないこと。
カタチ・・・orz

因みに囲碁ですから。
「強いか弱いか」とか「大きいか小さいか」
というのが浮かぶのですが
これはそもそもスペック的なことでして。
「客観的条件が同じ」という前提にそぐわないのでスルー。
でも、自分の石と相手の石が同じくらいの弱さの時は。
色んな判断基準が発揮されるかもですね。


まあ。
非常にいい加減な基準です。何の役にも立ちません。
あくまでも話のネタ、お遊び的なことでして。
真面目に突き詰めるとおかしなことになります。
でも、前述の「食うか食われるか!」の後輩ちゃんが
囲碁を打ったらどんな碁になるんかな~。
ひたすら実利?それとも石の取り合い?
ちょっと興味があったりします。







○ Comment

○ Post comment


  • 管理者にだけ表示を許可する

○ Trackback

trackbackURL:http://villagrazia.blog24.fc2.com/tb.php/20-5512c372
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。