スポンサーサイト

Posted by Nanoka on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なつかしい想い

Posted by Nanoka on 19.2015 Nanokaあれこれ 0 comments 0 trackback
また1年ぶりになってしまいました。
去年一時期、結構やる気出てきたモードで「イケル!」と思ってたのですが
まぁ・・・そう簡単にはいかないね。
相変わらず玄関を出ることがほとんどできず、
相変わらずネットスーパーでお買いものしつつ、
相変わらず・・・なんとか生きてる感じです。

電話に出られない日もあります。
ひどい時はジャックを抜いています。
マンション階下の郵便受けすらのぞけないことも多いです。
不在通知を見て、再送の手続きをしても
またその時にインターホンに応答できなかったりね。

そんな状況の中で。
GW前に裁判所からお手紙が来ました。
「支払督促」なるものです。

え?なに?
なんか踏み倒してたっけ?
全く憶えがない。
カードの引き落としはちゃんと毎月滞りなくしてるし
お買い物をして払ってないものもないはずだし。
う~ん。

恐々封を開けて読んでみると。
亡父の会社の年金基金からのものでした。
父が亡くなったことを連絡していなかったために
亡くなった後も誤って一度年金を振り込んでしまった。
なのでその分を返還してください。というもの。
あぁ。そういえば何度かお手紙もらってたような。
ひょっとして、年金詐欺とか思われちゃった?まっずいなぁ。

父が亡くなった当時もウツがひどくて
実家に行くだけで倒れそうでしたが
なんとかお葬式を出して
だけど、その日をクリアするのが精一杯で
実は、納骨もその日に済ませたような次第で。
その時に、父のお財布とか印鑑とか・・・現金に関わるものだけは
目につくだけ探して持って帰ったつもりです。
手提げ金庫とかね。持って帰って開けてみたら何も入ってなかったけど。
でも、なぜか通帳とかカードの部類がほとんどなくて。
どこに口座を持っているのかも分からない状態でした。

で、その後は実家にもどることもなく、そのまま放置。
否、一度だけ重要書類とかお金にかかわるものを探しにいったかな。
でも見つけられなかったのでそのまんま。

支払督促をみながら、どうしたものか途方に暮れていました。
「異議申立書」なんてのも同封されてたけど
別に異議があるワケではなくて・・・。払うもんは払いますけど。
ただ、父の口座がわからんし。本当に振り込まれてるかもわからんし。
一体どうすれば?裁判所に電話する?

ふと見ると、その企業年金基金の連絡先が書いてあったので
思い切って連絡してみました。
きっと詐欺だと思われてるから、きついこと言われるんだろうなぁ。
今の私に、それを耐えるだけのメンタリティーがあるかしら。
なんてことは、ただの思い過ごしで。
対応はとても親切でした。
私がこの何年かの状況・事情をお伝えすると。

ああ。そうでしたか。
連絡のとりようがなかったものですから
このような方法になってしまい、驚かせて不安にさせてしまいました。
本当に申し訳ありません。
実は、勝手ながら当方から銀行へ連絡させていただきましたところ
現在お父様の口座は凍結されているようです。
残高などは当然教えて頂けませんでしたが
相続のお手続きに関して色々聞いておきましたので。
そう言って、銀行の口座や連絡先を教えてくださいました。

こちらがご迷惑をかけているにも関わらず
ご親切にありがとうございます。
早速しかるべき処理をして、返金手配致しますので少々お時間ください。
っということで、お話は終わりました。

が、そこで。
「あの・・・お父様は安宅産業のご出身なんですよね。実は私もなんです。
 安宅産業最後の新入社員でした」
「!!!」

そう。
今ではもう忘れられたかもしれないけど。
いや、知ってる人すら少なくなったかもしれないけど。
父はあの、昭和の大倒産と言われた安宅産業に勤めていました。
伊藤忠商事に吸収合併され、その時になんとか同社に
拾ってもらったのでしょう。
当時の私はまだ子供で、なにもわからなかったけど
そのまま伊藤忠へ行くか、他の会社に移るか
両親が話し合っていた記憶がうっすらあります。
吸収合併した会社にいけば冷遇されるのでは?
とかなんとか言ってたっけ。
私が「冷遇」などという言葉を知ったのは
その時が初めてでした。

そうでしたか。新入社員でいきなり倒産とか大変でしたね。
不安だったでしょう?
うちの父も、冷遇されるんじゃないかと心配していたようです。

「あぁ、でしょうね?でもそんなことなかったです。
 伊藤忠には学閥のようなものもありませんし、いい会社でしたよ」

それを聞いて少し安心しました。
よくは分からないけど、父はもともと繊維畑の人でした。
テキスタイル見本の分厚いファイルのようなものを
よく触らせてもらいました。
キレイな布がたくさんつまったその見本が私は大好きでした。
まだ幼い私に、布と糸、先染めと後染め、原価と売価と利益率等々
理解できるはずもない話を延々としてくれて
難しかったけど、そんな父がカッコよくみえたものです。
海外のバイヤーの方が、家に来られることもありました。
ちっちゃな私は、そのお客様のために
片言の英語やフランス語の歌を披露したこともありました。
もちろん、父から教えてもらったものです。
そして、褒めてもらってとても嬉しかった。

それが、あの倒産の後は
父は仕事の話は一切しなくなりました。
もちろん、前と変わらずに海外出張をしたり
時には危険な地域への駐在もあったりしたので
それなりに頑張ってるんだろうとは思ってたけど
畑違いの仕事なんだろうな。なんてことを思ってたのです。
あの時に覚えた「冷遇」という言葉が何度もよぎって
ツラいのかな?大丈夫なのかな?
子供心に心配したものです。

なので。その方の言葉を聞いて
本当によかったと思いました。
もちろん父なりに色々苦労もあっただろうし
今さらどうこうってことはないんだけど。

こんな話をしているうちに、とても懐かしく
色んなことを思い出して。あったかくなりました。
そういえば「ザ・商社」ってドラマを家族で観たなぁ。
「空の城」も読んだっけ。

なんかめんどくさいなぁ。と思った一通の督促状から
こんなに懐かしく、あったかい気持ちになれることもあるんだね。
手続きとかはまだまだ色々面倒だけど
この方とお話できたこと、本当に感謝。

父とはずっと、色んな確執もあったり、
気持ちが通じなかったり
ウツになってからはほとんど音信不通で
親不孝の限りを尽くした私ではありますが
大切な思い出をほんの少し取り戻せたことが嬉しくて。
そして、あの頃には全く分からなかった父の苦労やツラさも
今ならもう少し理解できるのかも知れないと思いつつ。

松本清張著「空の城」をもう一度手に取ってみた私です。


スポンサーサイト

歯医者な日々

Posted by Nanoka on 02.2014 Nanokaあれこれ 0 comments 0 trackback
4月から何かと始めてますが
歯医者にも通い始めました。5年ぶり。

「医者」そのものに、もう何年も行ってません。獣医以外は。
心療内科すら行くのがツラくなって、
もう4年ほど行ってないかな~。良くないんでしょうけどね。
なので、健康保健証を使うこともなく。
振込用紙が来た時にただ何となくお金を払っていただけで。
保健証が届いても封を切りもせずに放置。

歯が痛くても、鎮痛剤と消炎の塗り薬でずっとしのいでました。
が。さすがにね。
痛み止めでは効かないほどひどくなって
顎が割れるんぢゃないだろうかと思うくらいになったので
ちょうど家から道を渡って3分のところに歯医者もできたし。
思い切って電話して予約しました。

で、行こうと思って保健証探し。
ないよ?どこいった?え?これ?
・・・いつのまにか保健証ちっちゃくなってるし。


事前に私自身のウツのことに関しては話しておいたので
あまり混んでない時間に予約を入れてくれたり
すぐに診察室に通してくれたり。
何かと気を使ってくださるので助かります。
治療機器も色々と進歩してるみたいで
レントゲンや写真をとるのもラクだし、
今何をやっているのかということも
説明画像を見ながらわかりやすく教えてくれるし。
歯医者って行くまでがグダグダするけど
行ってみると思っていたよりも苦痛じゃなかったりしますね。


とりあえず緊急を要する虫歯の治療を速攻で終わらせてもらい
その後はボチボチあちこち治療をしつつ
歯のお掃除をしてもらってます。歯石取りとかね。
虫歯を削るときの「ウィィィィィィン」って音もイヤだけど
歯石を取るときの「ガリガリガリッ」ってのも怖い。
てかむしろ、歯石取りの方が痛かったりします。出血もするし。
歯科衛生士さんも重労働だねあれ。

いつも治療やお掃除が終わるとヘトヘトです。
何度も寝たり起きたりするから頭ぼ~っとするし。
歯茎がむずむずして痒いし。

でもこの一か月、くじけずになんとか行ってます。
家から近いのがよかったかな~。
しんどい時もあるんだけど、
なんとなく生活にフシがつくような感じで
今のところは頑張れそう。
それに終わったあとはやっぱり気持ちいいしね!

もうしばらくは頑張ります。
調子がガタ落ちする梅雨の季節までには
なんとか一区切りつくといいな~。




ちっちゃな変化 おっきな一歩

Posted by Nanoka on 07.2014 Nanokaあれこれ 0 comments 0 trackback
もう、お外に出ることはあきらめました。


と、言っても決してネガティブで
どよ~んと落ち込んでいるのではなくて。
むしろその逆かな。

外出できるようにならなきゃ。
フツーに活動しなきゃ。
と、焦って思い詰めるのをやめた。ということです。


3月の中ごろに、いつもウチのパピヨン達がお世話になっている
ペット美容室から電話がありました。
「4月から消費税が上がるので、今月中にシャンプーいかがですか?」

元気な頃は、わんこ達の手入れはすべて自分でやってたのですが
患ってからは精神的・体力的負担を美容室さんに補って頂いてまして。
5匹ともなると料金もバカにならないので、
普段は営業のお電話はほとんどかけてこられないのだけど。
この時は、ちょうどタイミングもよく、
電話にもちゃんと出られたこともあって
喜んでお願いしました。


そうだ。
この子たちがシャンプーに行ってる間に
お部屋のカーペットを張り替えちゃいたいな。
元気な人でも病気になりそうなほど汚いし…。
しんどいけど。できるかなぁ。
てか、そもそもカーペットを買いに行くのがほぼ不可能ぢゃん。

30cm四方のジョイント式マットを気に入って使っているのですが
以前に張り替えたときはホームセンターまで買いに行ったんですよね。
余ってる分もあるからそれも一緒に使いたいしさ。

で。まあ。
どうして今まで思い至らなかったのか自分でもあきれるのですが
ネットで購入できるぢゃんね。ってことで、購入。

当日。お昼前にお迎えが来てみんなを見送ってから。
頑張りました!
途中なんども休憩しながら、アタマふらふらしながら。
すべて張り替え終わったときはもうヘコヘコでしたけど
なんか久しぶりに充実感というか達成感というか。
めっちゃ嬉しかった~。
キレイだから気持ちいいしね。
ついでにカーテンと足ふきマットもお洗濯して。
室内トイレ用に置いてあるサークルも、この際だから。
ってことで新しいピカピカのものに替えました。

たったこれだけのことです。
まだ汚れてるところはいっぱいあるし。
他のお部屋なんか汚いままだしね。
だけど、随分気持ちが違う。わんこもなにげに嬉しそうだし。
まああれだ。
次の日は全身筋肉痛でしたけど~。


何か些細なことをやろうとすると、
どうしても外出しないといけないことが多くって
すべてのことがらをシャットアウトしてしまってたんですね。
だけど、こんな便利な時代なんだからさ。
無理しなくていいぢゃん。
外にでるのが第一歩。とか思ってるからキツイんぢゃん。

ネットスーパーなるものを、初めて利用してみました。
今までは、なんとか出かけられる範囲のコンビニとか
それすらできない時は出前で済ませていたので
食生活がかなり偏ってひどいものでした。
お料理なんてする気にならんしね。
なんせ、お皿一枚洗うのも苦痛だったし。
でも、ネットスーパーでお買いものしたら
食材もちょっとバリエーション広がったし
ベーコンエッグくらいはできるしね!
ほとんど空っぽだった冷蔵庫が
またほんの少しだけ、豊かになりました。
ついでにフライパンも新調しました。
そうすると不思議なもので、
お皿洗いもわりとせっせとできるようになりました。
昨日は。市販のケーキスポンジを使って
いちごとバナナのケーキも作りました。
生クリームのホイップは手動で…腕痛いぉ。
だけど、美味しかった。まだいっぱいある…。
実は今も食べながら書いちゃったりなんかしてまして。


これでいいんだ。
とは、決して思ってはいません。
でもね。
お外に出るのがそんなに苦しいのなら
出なくても気持ちよく過ごせるようにしたらいい。
出かけなくたって、自分のまわりの生活を心地よく
気持ちを少し豊かに立て直すことはできるんだから。
どうしてこんな簡単なことに何年も気づかなかったんだろう。

大好きな囲碁の大会に出たいから。
そのためにはまず、お外に出られないと。
そんな気持ちが色んなことにストップかけてたかも。
もちろん今でも大会は出たいよ?
でもいいぢゃん。今は気持ちよく過ごせれば。
自分がやりたいことをやりたいように、無理せずに。


春が来て、陽射しが暖かくなって気分もよくなってきて。
だから、少しやる気が出たのかもしれません。
しばらくすればまた不調の波がきちゃって
どよ~んと落ち込む日々がくるかもしれないこともわかってる。
それでも。
デタラメな生活にちょっとリズムをつけたくて
ずっと前から好きだったアロマのお勉強も始めました。
通信講座だけどちゃんと資格がとれるみたいなので。
今まで我流でやってたことを改めてちゃんと
体系的にお勉強するのはとても新鮮で楽しいです。
患ってからお仕事もなかなかできなくなっちゃったので
以前なら絶対にする気にならなかったような
簡単な内職的なものも始めてみました。
アロマコーディネイターの資格をとった暁には
私と同じように苦しんでる人たちのためにはもちろん
色んな悩みや望みをもった人たちに
私の心のこもった香りをお届けできるように
………なれるといいな。


あのタイミングでお電話くださった
わんこ美容室のスタッフに感謝です。
以前は、シャンプーから戻ってきても
数日でまたすぐに汚れてしまっていた5匹のパピヨン達も
今はまだキレイなまんま。
お部屋の中で楽しそうに遊んでいます。




懐かしのじっちゃん

Posted by Nanoka on 25.2014 Nanokaあれこれ 0 comments 0 trackback
不定期更新にもほどがあるっ!
ったくもう。


お久しぶりです。
前回記事を更新したのは、もう2年近くも前のこと。
その間にも更新しようとは思ったのです。何度も何度も。
でも、途中まで書いては。あぁ、やっぱ無理だ。
その繰り返し。


ウツの状況は今はよくわかりません。
だけど間違いなく、治ってはいません。
それどころか、もうお医者様にも行かなくなりました。
これ、よくないと思いますので他の方にはおススメしないですが。
だけどもうね。お薬を服むのがツラくなっちゃって。
そして外出することも非常に苦痛になって…やめちゃいました。

オンラインゲームなるものに夢中になっておりました。
でも、今考えると夢中になっていたというよりは
逃げ込んでいたのかもしれないね。現実逃避。
だから、私の時間はずっと止まったまんま。
ゲームばっかりしてテレビすら観ることなく…。
大好きだった囲碁もすっかり疎遠になっちゃって。
ポツンと取り残された感じでした。


特に前向きになったわけではないのですが
さすがにもういい加減にしないと。
ていうか、オンゲはオンゲでめっちゃストレスやし。心身共に。
で。
去年いっぱいですべてのオンラインゲームと
ソーシャルゲームから引退しました。やっとこさだよ。

ゲームをやめてからテレビを観る時間が少しできました。
え?安倍首相っていつ復帰したの??
完全に浦島太郎状態。ひどい。
囲碁にも少しずつもどりはじめました。
ただ…もともと囲碁は大好きなもんで
やり始めるとまた一生懸命になったりして
すぐに疲れちゃって今はまたちょっとお休み中。
続かねぇな、なかなか。

もともとバラエティ番組はあまり好きではありません。
ニュースも見ると暗くなっちゃうのであまり見ません。
なので、アニメだとかドラマとかスポーツ系。
それと囲碁将棋チャンネルね。それくらいです。


センバツ高校野球が始まったのでぼちぼち観たりしています。
以前は、大好きだったのです。高校野球。
毎年、春と夏に必ず2-3回は甲子園に行ってました。それも一日中。
だけど今はもう外出できないので…専らTV観戦です。
久しぶりに高校野球をみて、妙に懐かしくなりました。
馬淵さんも高嶋さんもまだ監督やってんだ?すごいなぁ。

そして今日。
龍谷大平安の中継を観ながら。
ある「じっちゃん」のことを思い出しました。

もう10年以上前だと思うんだけど。
甲子園に行ったある夏の日。
確か、平安vs明徳義塾だった気がします。
平安サイドの内野席で野球大好きな知り合いのおじさんと
飲んだり食べたりしながら観戦していました。
内野席なので、アルプスみたいな応援団はいません。
いつも狭い席で周りに気を使いつつ…です。
ところがその日は、斜め後ろに目立つおじいさんがおられました。
平安のハッピにハチマキ。
ものすごいリキのはいった声援だし。ちょっとうるさいし。
動き回るからなにかとウザイし。
いかにも応援団風。だけど一人。

最初はちょっと驚いたんだけど
ホント一生懸命に応援してるしさ。なんか微笑ましくてね。
で。野球大好きなツレのおじさんが声をかけちゃいました。
「おとうさん、相当な平安ファンですな」
「アタリマエやっ!衣笠の時代から応援しとるわいっ!」

え?衣笠って平安出身だったんだ?てかいつの話?
知らんかった。

でもそこはさすがに野球好きのおじさんです。当然知ってたみたいで。

「それはまた。年期はいってますなぁ」
「おうよ。予選もみんな観に行っとる。練習もよく行くで!」

まあそこからなんだかんだと会話がはずみまして。
高校野球の思い出話とか、プロに行った選手のこととか色々ね。
私もついつい楽しくなって
「私ね。子供のころ坂本バンビ君のファンだったんです~。
 ファンレターも送っちゃったよ?今までの人生で一度キリの」
「ほんまかいな。それもまた古い話やな(笑)
 決勝で東洋大姫路の松本にやられたけどな~」
「そうそう。泣いちゃったよ」
「お嬢ちゃん、相当なミーちゃんハーちゃんやったな?ガッハッハ!」

ミーちゃんハーちゃんて…。
てか、お嬢ちゃんて…。
ま、いっか。

見た目はちょっと怖い感じなのです。
体は大きくない。というかむしろ華奢な感じ。
だけど筋肉はちゃんとあって、真っ黒で
眼光も鋭くて、エネルギーにあふれてる。
それが、喜んだり笑ったりするとすごく幼くてね。
平安が点をとったり、ファインプレーが出たり
私たちが持参していたキンキンに冷えたビールをあげたりすると
無邪気にはしゃぐんだ。
そして、ひと時も目を離したくないはずなのに
わざわざ売店まで行って、ヤキソバを買ってきてくれたりね。

今まで何十回と甲子園に行って
もちろん、周りの人と言葉を交わしたことだってあるけど
あんなに楽しかった甲子園はなかったかも。


当時すでに70歳って言っておられました。
今もまだ応援にいってるんだろうか。
あのスタンドにまだいるんだろうか。
元気でいてくれるといいな。
もし元気なら、きっと今頃喜んでるだろうな。
またあのじっちゃんと騒ぎたいな。

ぶっちゃけ今は誰とも会いたくありません。
知り合いならなおさら。会うのがツライ。
人ごみも無理だし、そもそも電車にのれないしさ。
だけど、どうしてかな。
あのじっちゃんには会いたい気がします。

お嬢ちゃん。元気でやっとるか~。
おっちゃんまだこんなことやっとるで~。

そう言って、怖そうだけど
実はとってもあったかくて優しい眼で
笑いかけてくれるかな。


なかなか前に進めない私だけど
こうやって支えてくれる思い出があるだけでも
幸せなのかもしれないね。私。










盗難未遂とお巡りさん

Posted by Nanoka on 22.2012 Nanokaあれこれ 10 comments 2 trackback
10日ほど前のことになりますか。
車を盗まれそうになりました。


普段はなかなか外出もままならなくて
お買いものひとつ行くのにもかなり気合が要ります。
それでも春頃からはだいぶマシになって
外の空気に触れる回数も徐々に増えてるんだけどね。

んでまぁ。
その日は多分、3-4日ぶりくらいに
ぉち!お買いものに行こう!
という気分になったのですが。


いつも通りにぼ~っとマンションの駐車場まで下りて
いつも通りに何も考えずにドアにキーを差し込んで。

ん?
開かない?
てか、鍵が回らない?
あれ?
運転席側も助手席側もドアが開かんけど。
ぇ? これ何の罰ゲーム?


事態を理解するのにかなりのタイムラグがありました。
だってね?
外車が並ぶ中でうちのだけ国産だし。
しかも古いし、いかにもビンボーくさいしさ。
何年か前にここで車上荒らしがあった時も
私の車だけは被害がなかったもので。
当時事情聴取に来られた警官の方に
「何も盗るもんなかったんやねぇ」と言われたくらいだし。


我に返ってよく見ると、鍵穴が壊されてるし。
あぁ…とりあえずなんか被害にあってるのね。私。
周りの車を見てみたところ、どうもウチだけみたい。
ん~。どゆことだ?


気合充実の元気な頃なら、ここでちゃっちゃと動けるのですが
今の私はまずここでどよ~ん。そして、ぼ~。
あーぁ。せっかくお出かけする気になったのになぁ。
なんかケチついちゃったよねぇ。はぁ…。

ざっと車の中をのぞいてみたところ特に荒らされた様子もない。
ドアが開いてないわけだから、中には入れなかったのか。
ってことは、キーシリンダーは無事ってことかな。

一旦お部屋に戻って電話を手に取ったのですが。
どこにかけたらいいのかわからない。
え~っと…これは110番でいいのかな。
でもそれほど緊急ってワケでもないしなぁ。
管轄の警察署に直接かけた方がいいのかね?
でも番号調べるのメンドクセ。
もういいや。110番しちゃえっ。

いちいちテンポが遅いです。


で。緊急ではないことを詫びながら状況を説明したところ
わりとすぐに警官が駆けつけてくださったのですが。

ぇ?一人?

私はまた大人数で鑑識さんとかもやってきて
指紋や足紋なんかもとるもんだと思ってたんだけど。
違うんだ? そんなもんなのか。
以前、隣の住人が不審者に襲われて110番した時とは
えらい違いやな。 まぁ…そりゃそうか。

件の警官は一通り車の状態と周りの状況を見て
車の中には被害がないであろうことも確認したうえで。


車ごと盗む気やったんでしょうなぁ。
型も古いし、そんなに頻繁に乗ってる様子もないし。
防犯もしてないようだから…簡単に盗めると思ったんやろねぇ。
まぁでも…下手くそなんやなぁ。チッ。


ぇっ?
下手くそって何?
今「チッ」って言った?
ぃぁ。おっしゃることはいちいちもっともで
きっと何も間違ってないとは思いますけど。
下手くそって…警官の言葉としてはなんかどうも。
「チッ」に違和感があるのは私だけ?
ま、まぁ。いいんですけど。
特に対応が悪いとかじゃないし。
でも、車を盗まれそうになったことよりも
今の言葉の方がビミョーに堪えるのはなぜだろう。


なんとなく納得のいかない気持ちのままではあったけど
被害届の出し方や注意事項などはとても丁寧に親切に
わりと感じよく話してくださったのでまぁよしとしました。

その後マンションの管理会社と車屋さんに連絡を入れて
車は無事に修理を終えてすぐに戻ってきました。
そして何事もなかったように平和にまた
お買いものに行ったりはしているのですが。

結局被害届はまだ出していません。
なんかメンドクサイし。
また「チッ」とか言われたら意味もなく凹みそうだし。


些細な言葉尻に妙に敏感になってしまうのって
やっぱりウツのせいなのかねぇ。
ん~。参ったなぁ、どうも。




 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。